トップページへ 眼瞼痙攣眼瞼痙攣の原因

眼瞼痙攣の原因
症状が出やすいのは疲労時の時といわれている眼瞼痙攣。なぜ疲労時に悪化してしまうのか?それは眼だけが原因とは限らないからです。脳との関係に何かが起きている可能性があることも知っておいてください。

原因とは

発症の原因は大脳の機能障害が関係している可能性があります。
ほかに「眼瞼炎」「結膜炎」など、まぶたや角膜の病気がきっかけになっているようです。
薬の副作用ではないか?という報告はありますが、完全な原因特定には至っていません。
眼瞼痙攣は他の次の病気と間違えやすいので注意が必要です。
「ドライアイ」乾燥やコンタクトレンズの長期使用、ストレス、眼の酷使や「目瞼ミオキミア」疲労、「目部チック」強い緊張。
正しい診断を受けるために医師には詳しい症状を伝える必要があります。
いつから症状が出始めたのか、病変は両目か片方の目だけか、痒みや痛みはあるか、常に症状が出ているのか、たまに出る症状か、物が見えにくいと感じているか、現在服用している薬はあるかなど、正しく伝えましょう。

眼瞼痙攣の初期症状

眼瞼痙攣の初期症状は自分の意志とは関係なく筋肉が収縮する症状です。
「まぶしい感じ」「眼の乾燥感」「まぶたの周囲がヒクヒクする」などがあり、ドライアイと似ているので正しい診断が難しいことも多く、この症状に悩まされている人は日本国内には数十万人以上います。
発症年齢は40代以降の女性が多く、ドライアイの治療をしているのに症状が治まらないと感じていて、通常は両目に現れる症状ですが、左右に差がある人もいます。
症状の進行は遅く、自然に治ることはすくない為、進行具合によってはものに良くぶつかる、階段を踏みはずす、など外出することが困難になり日常生活で不自由を感じるようになってしまいます。
こんな症状が長期に及んでいる人は詳しい検査が必要です。

眼瞼痙攣で気を付けること

眼瞼痙攣は、眼や瞼の病気の原因は、疲労やストレスが引き金になっているケースがとても多く、日常生活で気を付けることが必要です。
眼を酷使する、パソコン、携帯電話の長期使用は目の疲労やドライアイ、視力の低下にもつながります。
1~2時間おきに目を休憩させて下さい。
十分な睡眠時間は体や脳そして、眼を休める大切な時間です。
仕事などでなかなか睡眠時間が十分とれない場合は休憩時間に目を閉じて休ませましょう。
視力の定期的検査を行うことで普段あまり気にしていなくても視力の低下がある場合もあります。
定期的に検査することで現状を知りることができます。
メガネやコンタクトレンズを使用している人は度があっているかのチェックにもなりますので面倒と思わずに実行しましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。