トップページへ チックについてチックを起こす原因とは?

チックを起こす原因とは?
未成年の発症率が圧倒的に高いチック。短期的で小さな症状を含めると、思っている以上に多くの子供たちがチックの症状を見せています。調べて見ると身近なことから大きく影響を受けていることがわかりました。

未成年者のチックの割合

チックになる子供の割合は10人に2,3人です。
発症年齢では2歳~13歳で、成人の20代前半に発症する患者さんもごくまれにいるようです。
ほとんどが10歳までに発症して、12歳あたりを境に減少するのが一般的です。
チックは小児には珍しくない病気で、成人になるにつれ自然治癒する傾向があります。
チックからトゥレック症候群になる頻度としては1万人に4~5人くらいに減少していき、チックの症状はほぼ一過性になります。
男女比では男子が多いことは広く知られているでしょう。

子供たちのチック症状

子供が見せるチック症状は、小さいもので咳払いや鼻をすする、瞬きが多いというのがあります。
この程度ですと本人にも周囲にもあまり気が付かれずに成人になり治ってしまう事が多いので、自分がチックだったと知らない人もいます。
チックで危険なものは、自分をたたいたり、他人にけがをさせたりと暴言をはくなどとなると周囲も本人も苦労するでしょうし、親御さんも気を使うので日常生活が大変です。
運動チックで複雑チックを持っている子供には他人に迷惑をかけさせないためにも早期に病院での治療を始めるのが賢明ではないかと思われます。

身近なところからの影響とは

チックを引き起こすのは家庭環境や無理に利き腕を矯正することでストレスが作られる場合が多く、そこに脳のドパミン系の作用が関係して知る場合はチックになる傾向が非常に高いので注意しましょう。
生まれつきの体質がチックになりやすい子供は意外に多く、その子供の兄弟や親せきにも同じ症状が出る可能性は高いことが遺伝子の研究で分かっています。
子供の成長期には心と体がバランスよく成長できれば問題は少ないですが、ほとんどそれはないでしょう。
育児の家庭で完璧にストレスを与えないで子供を育てることは難しいからです。
親だけが子供を育てるのではなく、周囲の人にも頼れることは頼んで子供にストレスを与えない環境を作りましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。