トップページへ 痙攣の薬物療法神経ブロック療法とは?

神経ブロック療法とは?
痙性斜頸には「神経ブロック療法」という治療法が用いられることがあります。単なる痛み止めと思われがちですが、もっと深い効果が期待できます。治療内容、治療効果、副作用をきちんと理解していきましょう。

神経ブロック療法とは

神経ブロック療法とは、痛みにかかわる神経や患部の周囲に麻酔注射をして、痛みや筋肉の緊張を取り除き血行の改善と炎症の抑制、自律神経の機能改善を行う治療方法です。
ちなみにブロックとは「遮断」という意味で、神経の痛みに効果を発揮します。
この治療法の良い点は、効果が非常に高く、一時的でもかなりの確率で痛みを取り除くことが出来る、即効性があります。
使用には、作用する個所に対していくつかの種類がこの治療法にはあります。
ブロック療法の種類は、頭部、首、肩、胸部、腰、臀部、腕、足を分かれていて、適したブロック療法を選択します。

神経ブロック療法の効果

神経ブロック療法の効果は、痛みのある神経をブロック(遮断)することができ、種類はいくつもあります。
神経ブロック療法には、主に3つあり一つは星状神経ブロック療法で、これは頸部の交感神経節である星状神経節やその周囲に麻酔薬を注射して星状神経節と交感神経幹や交感神経の節前・節後繊維をさえぎることで、支配されている領域である頭頸部、顔、上半身に効果を与えることが出来ます。
二つ目は、硬膜外ブロック療法で、硬膜外ブロックは、顔を除き全身で必要とされる部分の痛みを選択的に取り除くことが目的としたブロック療法です。
カテーテルを患部にとどめることによって痛みを取り除くことが可能となります。
それにより、どんな病気に関する痛みにも対応できる手段です。
三つ目は、神経根ブロック療法で、神経根ブロックとは、脊椎神経とその周囲に麻酔薬とステロイド薬の混合薬を注射する神経ブロックです。
疼痛を和らげる効果があります。
以上が代表的なブロック療法です。

神経ブロック療法の副作用

神経ブロック療法の副作用や、使用においてうまく作用しない点は、ブロック療法でも取り除くことができない痛みがあるということです。
かなり効果が高い治療法の一つですが万能ではないのが残念です。
また、一時的でも痺れや、違和感を感じさせることがあります。
ブロック療法の副作用では、出血、気胸、感染症のリスクがあります。
専門医が治療にあたれば出血や、気胸は引き起こす確立を最大限に食い止めることが可能ですが、血液をサラサラにする抗凝固剤を服用されている患者さんの場合には注意が必要ですのでしっかりと医師に伝えておきましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。