顔面ミオキミアとはどんな病気?
聞き覚えはあまりない「顔面ミオキミア」。病名は知らなくても、意外に多くの人が経験している身近な病気です。似ている症状を持つ病気もありますので、間違えないためにもこの機会に「顔面ミオキミア」を知っておいてください。

原因とは

顔の筋肉を支配する神経「眼輪筋」の一部に異常な興奮が発生すると起こる病気です。
下まぶたに多く現れ、眼精疲労や睡眠不足の時や、顔の神経がまひした時に起こりやすいです。
疲労系ですとまだ良いですが、脳が関係してくるとまた複雑になるので、疲労回復してもまだ症状が治まらない場合には脳腫瘍の危険があるので、病院でMRI検査を受けて下さい。
脳内で腫瘍や血管障害、炎症が発見される可能性があります。
ちなみに手術となった場合に厚生労働省は認可をしていない場合があるのでよく調べる必要がありますので注意して下さい。

症状とは

まぶたがピクピクする、まぶたの痙攣が1年以上も治まらない、症状で特に下まぶたに起きる病気。
しかも自分の意思とは関係なく勝手に不規則的に起こり短時間の筋肉の細かい痙攣です。
健康な人でも目を酷使するような作業、パソコンに長時間向かう、ゲームに長時間チャレンジしている場合もこの症状は起こります。
その時は、目を休ませましょう。
目を閉じてまぶたをマッサージするのも効果的で、症状が軽くなるのが分かります。
それに加えて、睡眠不足も痙攣の元になりますので、しっかりと睡眠はとりましょう。
目薬も同時に使うと効果はより一層高まります。

治療法とは

顔面ミオキミアの治療には、手術が一般的です。
顔面神経が刺激されたときに起きやすいので注意して下さい。
原因が脳に腫瘍がある場合や炎症、神経性変疾患、頭部を強打した時もこの症状はおきます。
その場合は、手術で原因を取り除かなければなりません。
また、脳やその周囲の種々後に後遺症として症状が出ている可能性も否定できません。
その時には脳外科、脳神経科を受診して詳しい検査を受けましょう。
MRI検査やCT検査で細部にわたり調べる必要があり、放置すると命にかかわりますので、覚えておきましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。