トップページへ 手が震える書痙とはどんな病気?

書痙とはどんな病気?
手の震えを主な症状とする書痙。自分の手の震えが、書痙という病気だと気づかない人も多いのです。そういった背景をもとに、症状の出方や様々な面からの原因を理解し、病気を克服するための手段を紹介します。

原因とは

あがり症や仕事において長期間文字を書き続けた人に現れる病気です。
緊張や、神経症、心因的は原因から頭痛、動悸、不眠症、と精神的ではない身体的以上に認められない症状の一部と考えられてきました。
現在では「ジストニア」という脳の障害により引き起こされる筋緊張異常や姿勢に対する異常、意識的ではない運動の一つにあると考えられています。
しかし、脳の機能障害であるとはいえ、書痙の場合は、精神面も関係が指摘されています。
後発年齢は20代~40代の男性に多い傾向です。

症状とは

普段の動作には支障はないものの人前で文字を書こうとすると、手が震える症状が出ます。
筋肉の強い緊張やこわばりがあり、文字を書くのが困難になります。
これは、対人恐怖症の症状と判断され、他にもピアノを弾くとき普段はできるのに、発表会には手がいうことを効かない、人前でパソコンが打てない、症状が出始めると、手がこわばりはじめ、ねじれたり、震えで仕事にならないなどもあり、日常で困難がたくさんあります。
症例では、25%くらいの患者さんに反対側に同じ症状が出ることが分かりました。
しかし、知的障害ではありません。

治療法とは

原因が特定されていないので完璧な治療法はまだありませんが、対処療法はあります。
それで何とか改善を目指す方法しか対処できないのです。
よく使われるのが、薬物療法、ボツリヌス療法、が周流で、外科的に効果があることが分かれば、外科治療もあります。
また、神経症由来の可能性も視野に入れ、神経科、精神科的な薬物療法(精神安定剤)や筋弛緩薬などを使う場合もあります。
他には手全体でものが掴めるように装具を利用することもあり、患者さん自身が負担にならない方法を選択すると良いでしょう。

スポンサードリンク

関連記事一覧 >>

Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。