トップページへ 片側顔面痙攣チックと片側顔面痙攣の違い

チックと片側顔面痙攣の違い
チックと片側顔面痙攣は似ている症状を起こします。自己判断しにくいので、正確な医師の診断を受け、詳しい原因を知ることが第一歩です。特徴・症状の見分け方を説明しますので参考にして病院へ行ってください。

チックと片側顔面痙攣の違い

チックと片側顔面痙攣の違いは、チックの痙攣は意識的に抑えることが出来るのに対して、片側顔面痙攣はそれが出来ない点が大きな違いです。
他には、片側顔面痙攣は顔の片側に痙攣があり、移動性ではないのに対してチックは移動性の痙攣がある点。
片側顔面痙攣はまぶた、ほほ、口と、同時に症状が起きて、表面筋電図という検査器で確認でき、チックは顔全体に広がるほどではありません。
チックは、未成年の男性に多い傾向があり、大人でも片側顔面痙攣とチックを間違われやすい症状です。
疑わしい場合は、神経内科の診断が必要です。
子供にこのような症状があることに気づいたら病院で診断を受けることをお勧めします。

チック特徴

チックの特徴は、子供のまばたきが不自然に現れたり、咳払いを繰り返すなどの特徴があります。
チックは、繰り返される筋肉の素早い動きや声のことで、無意識に出ます。
症状は様々で、強いまばたき、肩をすくめる、首ふりなどの動きは「運動チック」といい、咳払い、奇声などの発音に関するものを「音声チック」といいます。
これらには意味のない動きであることが多く、例えば親に対してちょっかいを出す。
においを嗅ぐなど一見して何の意味があるのか分からないことで「複雑性チック」もあり、周りの人から見てチックと気づかない行動もあるのです。
また、症状が1年未満で消える、一過性とそれ以上続く慢性のチックがあります。

片側顔面痙攣の特徴

片側顔面痙攣の特徴は、無意識の顔面筋肉の運動から顔がゆがむことです。
チックは、意識すれば抑えることが出来ますが、片側顔面痙攣は意識しても元には自力で戻せないのです。
この病気は、女性に多いので美容に敏感なのでストレスは大きく、早い段階での治療をすることが必要です。
治療法にはいくつかありますが、完治の治療では手術で治すことが一番です。
それは、原因となっている神経の圧迫を治すことが出来るからです。
他に、ボツリヌス注射では一端症状を抑える効果があるのですが原因を取り除くことが出来ないので、再発します。
軽度の場合は内服薬や、ボツリヌス注射も良いと思いますが、手術ができると再発の心配がありません。
慎重に治療法を決定しましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。