トップページへ 片側顔面痙攣片側顔面痙攣と生活習慣病の関係

片側顔面痙攣と生活習慣病の関係
生活習慣病がきっかけとなり起こる病気は様々あります。実は、片側顔面痙攣も関わりがあることがわかりました。そもそも生活習慣病とはどんなものなのか?またどのように関係し、どんな対策ができるのかを紹介します。

生活習慣病とは

生活習慣病とは、名前の通り普段の生活の中で不摂生が発症や進行にかかわる病気で、偏食、喫煙、過度な飲酒、ストレス、運動不足などがきっかけです。
主な症状に、高血圧、糖尿病、メタボ、動脈硬化が代表的で、片側顔面痙攣もその一つで起こる病気なのです。
生活習慣病は自覚症状があまりないのが特徴で、進行して気づいた時には重症化してしまい心筋梗塞、脳梗塞、突然死にまで至ります。
生活習慣病の予防は、ストレス解消、適度な運動、飲酒、禁煙は大きな予防行為になりますので、規則正しい生活を心得て普段の生活を見直してみることが必要です。

片側顔面痙攣と生活習慣

片側顔面痙攣と生活習慣の関係は、生活習慣によって増加した悪玉コレステロールの増加や、高血圧、ストレスなどが脳の神経に影響を与えることで発症するパターンがほとんどです。
特に疲労感が溜まっているときに、まぶたの痙攣が起きやすい傾向があります。
この症状が治まらず、徐々に痙攣箇所がほほ、口のあたりまで広がっていく場合は、片側顔面痙攣の可能性か非常に高いです。
見た目にも顔がゆがむなど、明らかな症状がでると病院で検査してもらう必要があるので、放置してはいけません。
早期治療をして、病気の進行をおさえましょう。

生活習慣の対策

生活習慣病の予防には、大きく分けて4本の柱があると思ってください。
一つ目は、運動に関する予防。
これは、健康な体づくりのための運動基準が厚生労働省から発表されていて、子供から高齢者までの基準を検討し、化学的根拠に基づいて設定されています。
身体活動は今よりも少しでも増やすほか、運動自体を習慣化するなどがあります。
二つ目は、栄養・食事摂取基準。
これはエネルギー、栄養の不足分を補うことに加え、偏食や食事の摂取量の基準を構成しています。
コレステロールを減らし、食物繊維、カルシウム、カリウムを増やすように定めれらました。
三つ目は、煙草に関する規制基準。
これは禁煙や受動喫煙を減らすことが目的で、飲食店の分煙などが当てはまります。
四つ目は、アルコールの摂取量。
これはアルコールが体に与える影響を分析して、1日の摂取量を缶チューハイ(350mg)1杯程度にとどめることや未成年の飲酒防止対策などです。
これらの基準を元に健康的な生活習慣を心掛けて普段から健康的な生活を目指しましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。